Home > 実行委員会について

「Socialmedia Meetup in TOKUSHIMA実行委員会」はノダタケオが呼びかけ人となり、イベントの主旨に賛同をした有志の集まりです。

Socialmedia Meetup! in TOKUSHIMAが目指すところ

ライブメディアクリエイター・ノダタケオです。「Socialmedia Meetup! in TOKUSHIMA」の呼びかけ人をさせて頂いています。

徳島県はケーブルテレビ普及率88.9%(平成25年3月末)の「光ブロードバンド王国・徳島」であり、県内における「高速ブロードバンド環境」の充実に伴い、サテライトオフィスやフルハイビジョンの約4倍の解像度を持つ次世代高画質テレビ「4K」の最新技術の実証実験など、ICT利活用に積極的となっています。

企業だけでなく、自治体や団体・個人(県民)自身も「高速ブロードバンド環境」を利用した速報性・継続性のあるソーシャルメディアを活用した「徳島を県内外へ発信していく手段」を確立し、その手段(ノウハウ)を共有していくことが必要不可欠になりつつあり、徳島県内の企業などがfacebookをはじめとしたソーシャルメディアを活用されている方が確実に増えてきています。

そんな方たちが集まり、身近な中四国を中心とした県外におけるソーシャルメディア活用事例から学び、徳島県内おけるソーシャルメディアを活用した情報発信をさらに活性化させるための情報交換の「場」&交流の「場」、そして、参加した人にとっても、ソーシャルメディア活用のヒントを学びとってもらう「場」として「Socialmedia Meetup! in TOKUSHIMA」というソーシャルメディア活用のためのカンファレンスを設けることとなりました。

このイベントは、年一回の定期的な試み(実証実験)として継続してゆき、回を重ねることによって「県外の活用実例を学ぶ場」から「徳島県内からの情報発信実例を県内外へ知ってもらう場」へシフトしてゆくことを目指します。

おおよそ延べ80名ぐらいを目標とした規模の小さなカタチとなりますが、ソーシャルメディア(Twitter・Facebook・LINE・YouTube・Blogなど)による継続した情報発信の重要性を感じている方(企業や団体・個人)が何らかの気づきを得られるものになれば幸いです。ご参加をお待ちしております。